SMAP解散というよりは情報操作怖いという話

たまに書いたと思ったら芸能ネタばかり。。
やっぱり興味のあることだと書けるんですよね。

世間を騒がせているSMAP解散

私は熱狂的なファンというわけでもないのですが、子供の頃からSMAPといえばアイドルです。今日本で最も有名なアイドルグループだと思います。

今日もYahoo!ニュースに関連ニュースが色々出ていたのでついつい読んでいるうち、検索して「おっ」と思った記事がありました。

SMAP解散は香取慎吾のせいじゃない! ジャニーズがキムタクを守るために仕掛けた狡猾な情報操作

解散の裏にジャニーズ事務所のSMAPとキスマイいじめが! 香取、草なぎの仕事を干し上げ、中居には分断工作

テレビの情報操作

昔から言われていますが、テレビも営利事業なわけで、スポンサーやタレント事務所の意向は強いようです。

わかっていながら、ふと気づくと情報操作にハマっていることも多かったりします。

今回も『香取さん・草なぎさんが解散を固辞』、『木村さんはハワイ休暇の隙をつかれて解散決定』というのを鵜呑みにしていましたが、上記のリンク記事を読むと事実ではないようです。

やはり何かが起きた時、別の視点から眺めてみるというのは大事ですね。

ジャニーズ事務所

1月の解散騒動以降、ジャニーズ事務所は木村さんを守り、他のメンバーに新しい仕事を与えなかったそうです。(金スマやおじゃマップなどレギュラーは続けるが、新しいドラマなどへの出演は決まらない)

さらにキスマイ(Kis-My-Ft2)も飯島マネージャーが手掛けたグループということで、同様に仕事が減っていたようです、これは上記の記事で初めて知りました。

確かに離反しようとしたメンバーを冷遇するのは当然といえば当然ですが、世間に謝罪までしてケジメをつけたにも関わらずイジイジと仕返しするのはどうなんでしょう。

表向きはスマスマでの謝罪でメンバーを許したように見せて、実は全く許しておらず、仕事を減らして追い詰めた。

そしてこの状況を変えるには木村さんを中心にメンバーがまとまることが条件だったそうです。つまり飯島マネージャーを追放したことが正しかったと認めろということですね。

といってもこの情報も正しいかはわかりませんが。しかし他メンバーの仕事が増えていないのは事実。

飯島マネージャー

色々記事を見た限り、SMAPの成功は飯島マネージャーあってのもののようです。

ジャニーズアイドルを初めてバラエティに出演させて成功。当時確かに新鮮な手法で、私はまだ小さかったのですが、テレビを観てそう感じたのを覚えています。

バラエティに出ながら、歌番組で『夜空ノムコウ』や『らいおんハート』を聴くとギャップもあってすごく格好良く感じた記憶がありますし、このギャップも飯島さんの狙いだったのでしょう。

元は事務職ながら、積極的に売りだされていないSMAPのために自らマネージャーになって尽力したとのこと。香取さんが母親のように慕っていたというのも納得できます。

自分たちを支えて、育ててくれた方を裏切るなんてできないのが普通だと思います。

解散を仕向けられ、香取さんが生け贄に

このままジャニーズ事務所にいるといずれは仕事が無くなる、それを回避するには飯島さんを裏切るしかない。

その結末が今回の解散だったと記事は伝えています。(記事は伝えています。これ一度言ってみたかった(^^)すいません。。)

SMAPと飯島マネージャーを裏切ってジャニーズ事務所についたということで、記事では木村さんは相当な悪役です。そして、このイメージが広がらないようジャニーズは香取さんに責任を押し付けたと。

とはいえ真相は私にわかるはずもありません。

長年テレビでSMAPを観てきて、個人的には中居さん・香取さんの情の厚さ、飾らない雰囲気が好きです。ただ木村さんも相当使命感・責任感が強い方だと尊敬します、格好付けですが。

SMAPがお互いを非難するようなことだけには、なって欲しくないです。

まとめ

何だかさまよってしまいましたが、書きたかったのは、ひとつの情報を鵜呑みにしてはいけないということです。テレビはもちろん、紹介した記事の内容が間違っている可能性もあります。

真相を知りたいなら直接本人に話を聞くしかないかというとそうでもありません。言った言わないや印象で理解をしないことです。

今回テレビでニュースを観てからリンクの記事を読むまで、私は相当香取さんに嫌な印象を持ってしまっていました。何故かというと、ただ、ニュースでなんとなく嫌な印象をうけたというだけなんです

全てのニュースを理解するのは難しいですが、受け身ではなく自分で何か理解しよう・考えようという気持ちでニュースを見ようと、そんなことを考えました。

ブログランキング、brogram、にほんブログ村
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク