アメリカン・ハッスルのレビュー(ネタバレ)

昔から記憶力に自信がないのですが、ブログって記憶するのにいいみたいですね。
なので今日Amazonビデオで見た映画のストーリーを勝手にレビューしてみます!

ネタバレなのでまだ観ていない・これから観るという人は読まないでください!

アメリカン・ハッスル

あらすじ

FBI捜査官が詐欺師と組んで政治家たちにオトリ捜査を仕掛けた「アブスキャム事件」を基に、だましだまされる駆け引きをユーモアたっぷりに描いたエンターテインメント作

引用元:シネマトゥデイ

アメリカで実際にあった事件を基に作られたそうです。

2時間17分でちょっと長めですが、内容が面白いので気がつくと終盤になっていました。

第86回アカデミーで10部門にノミネート

10部門は最多のノミネートだったそうですが、残念なことにまさかの受賞なしに終わってしまいました。

しかし、第71回ゴールデン・グローブ賞では『作品賞』など3部門で受賞しています。

天才詐欺師役のクリスチャン・ベイル

Christian Bale
By Asim Bharwani, CC 表示 2.0, Link

イケメンですね!私は『ターミネーター4』のジョン・コナー役の印象が強いです。

しかし、そんな彼が演じる天才詐欺師はなんと中年のハゲ散らかしたオヤジ

ハゲた頭頂部にカツラをのせて、しかも腹まででてるのに、何故かかっこいい!モテてるし。なんとも憎めない魅力がありますね〜。

それもやはり頭の良さと冷静な判断力、とっさの機転なのでしょう。長年検挙を免れた詐欺師だけあってかなりの切れ者です。

詐欺のパートナー役でエイミー・アダムス

Amy Adams
By Mingle MediaTV, CC 表示-継承 2.0, Link

『魔法にかけられて』のジゼル姫役で私のハートを鷲掴みにしたエイミー、美しい。

最近では『her/世界でひとつの彼女』にも出演されてました。たしか主人公の友達役です。本作でもその美しさで男を魅了しています。

詐欺のパートナーです、けして補佐ではなく彼女自身も恐ろしく頭が良いのです。しかも色気を武器にFBI捜査官も手球に取る。胸元がぱっくり空いたドレスに目が釘付けでした。彼女に騙されるなら本望です。

天才詐欺師の妻役でジェニファー・ローレンス

Jennifer Lawrence
By Dominick D – https://www.flickr.com/photos/idominick/21104952951/, CC 表示-継承 2.0, Link

『ハンガー・ゲーム』シリーズや『X-MEN』のミスティークで知られていますね。

クリスチャン・ベイルの女房役です。最近はお騒がせセレブなイメージが強いですが、本作でも突然の暴走が悩みのタネ。

意思の強さはジェニファー本来のものなんですかね。何しでかすかわからない危ない女房として、本筋には関係ないのに存在感が強い!

鬱で精神的に不安定なところがあり、最終的にマフィアに惚れてしまうというどうも幸せに逃げられてそうですが、彼女自身はどうなれば幸せだったのか、よくわからなかった。。

おバカ役ですが、それでもキレイだ。

他の見どころ

あと、ダンディーイケメンのブラッドリー・クーパーや、『アベンジャーズ』の弓の人 ジェレミー・レナーなんかも出ていて、濃い作品になっています。

私的な感想

とはいえ本作の見どころはやはり実際の事件に基づいたFBIと詐欺師の駆け引き。

どこまで本当かわかりませんが、当時のFBIは既に犯罪者と取引して捜査に協力させていたのでしょうか。日本では考えられませんね。

あまり罪のない市長や議員を勢いで捕まえようとしたFBIに嫌気がさして、善い行いをしたということでしょうが、結局詐欺師が捕まってないのはどうなんだろう。。

まあ取られた方も欲かいたのが原因だから、改心したことでチャラになったということでしょうか。

まあいっか。

★★★☆☆ 星3つ!

ブログランキング、brogram、にほんブログ村
ブログランキングならblogram ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク